子育てに適した家ってどんな家だと思いますか?ランキングでご紹介

子供が出来ると子供を育てるのに良い環境が必要

子供を持つ親であれば子供には健やかにのびのびと育ってほしい
そう思うのは当然の事だと思います。
その為には子育てに良い環境が必要だと思いませんか?

子育てに良い環境の条件って何でしょう?

子育てママが選ぶ子育てに良い環境の条件とは
1位は安全性。でもバランスが大事!

1位は安全性となりましたが、その他にもいろいろな意見があり
最終的には
「何か一つ抜きん出ているよりも全体のバランスがとれている方が良い」
と言う意見でまとまったようです。
分かっているけれどやはり譲れないそんな子育てママの声でした。

結果は以下の通りとなりました。
1位:治安が良い
2位:病院が充実
3位:公園や緑が多い
4位:医療補助制度が整っている
5位:交通の便がいい
6位:子供が多い
7位:児童手当の充実
8位:教育環境の充実
9位:自然が多い
10位:スーパー等買い物が出来る場所が充実

ここまでで、子育てに良い環境を上げてきました。
その中から優先度の高い物を重点的に
いろんなサイトを見て比較してみるのもいいかもしれません。
私は創建の一戸建て | 創建の物件情報が満載にお願いしたら、とても気に入りました。

昔と違って今はインターネットが発展しているので
簡単に購入金額の比較ができます。

家を買うとなるとかなりのお金がかかりますし、
失敗したら大きな損害になります。

今後の子育てにも影響が出てきますよね。
そうならないためにもしっかりと家を選びたいものです。

一戸建てを購入するには事前に色々調べておかないと後悔する可能性が…

皆さんは新築で一戸建てを購入しようと考えたことはありますか?

やはりマイホームを持つなら一軒家でしょ!というあなた。
その決定についてはどんな理由がありますか?

一軒家(一戸建て)を選ぶメリットはたくさんあります。
しかし、それと同時に同じくらいのデメリットもあるということを
知っておいた方がいいでしょう。

家を買うということは決して安い買い物ではありません。

何千万円もする買い物をした後で、住んでみて「知らなかった」や「やっぱり違った」では
済まされないのです。

一軒家(一戸建て)を購入する場合、住宅ローンは当然として
それ以外にもかかる費用はちゃんと計算していますか?
どんな費用がどれくらい必要なのか?
マンションを購入する時は一戸建てを買うときと違うの?などなど
貴方が知っているのはほんの一部だけで
まだまだ知らないことの方が多いかもしれません。

それに一軒家を購入した後で巻き込まれてしまう
一戸建て住宅ならではの近隣トラブルもあることでしょう。

いくつもある一戸建て住宅を購入することのメリットとデメリットを
ちゃんと理解した上であれば購入の諦めもつくかもしれませんが、
購入後ではなかなか納得できないことも多いはずです。
ですので、知識を蓄えておいて、その上で購入を検討するのが
一番良いでしょう。

創建の一戸建て | 創建の物件情報が満載ではその辺の事もしっかりとフォローしてくれますし、
購入した後のサービスも充実しているのでお勧めです。

家づくりの失敗例と必ず成功させるためのポイントをいくつかご紹介!

家づくりにおいて
何が成功で何が失敗だと思いますか?

失敗例では数を上げればきりがないので具体例を何点か

・リビングに家具を配置したらテレビとの距離が近かった
・リビングのドアと収納のドアがぶつかる
・キッチンに炊飯器やレンジを置くスペースが無かった
・寝室にベッドを置いたら歩けなくなった
・クローゼットのドアが狭くて荷物を出し入れするのが不便
・掃除機を置くスペースを忘れていた
・床下収納が深すぎて使いづらい
・クローゼットが小さかったので布団を入れようとしたが入らない
・洗面室の周りをドアにしたためバスタオルをかける壁が無かった
・吹き抜けの位置が悪いせいか冷暖房の効率が悪い
・隣家と窓の位置が同じになってしまった
・ダイニングの真上に2階のトイレがあるため気持ちよくない
・廊下や階段の風通しが悪く、空気が澱んでいる
・遮音をまったく考えておらず、2階の音が響く

などなど
まだまだあげればたくさん出てきますが
家づくりにおいてこれだけ失敗例があるという事です。

では成功例としては

・家事動線を快適にすることで、無駄な動きが減りとても楽
・ウォークインクローゼットを玄関と洗面所の間に設置することで動線がコンパクトにまとまる
・太陽光発電とエネファームを採用し、光熱費を削減
・日当たりの悪いリビングを吹抜けにして明るく

などなど成功例も上げればたくさんあります。

私は創建にお願いしました。
成功例で挙げたことを中心に家づくりを考えてくださり
事前に細かく確認してくれて失敗することなく家を建てることが出来ました。
本当に感謝しています。

皆さんも家づくりを成功させてください。

住宅ローンを組むけど新築一戸建て購入に向けて貯蓄はやっぱり必要

一戸建てを購入することになったらほとんどの人が住宅ローンを組むことになると思います。
一括で購入できる人は買うときに悩んだりしないと思いますから…笑

住宅ローンを組む際に注意しなければいけないのが
審査に通るか否かですよね。

せっかく家を購入することを決め、見積もりを取り、着々と目的に向かって進めていく中で
ローンの審査に落ちてしまっては元も子もありません。
仮に審査に通ったとしても完済できるか不安になってしまう方も多いと思います。
しかしそういった点も創建の一戸建てなら全てフォローしてくれるので安心して任せる事が出来ます。

長い人生において最大の買い物がマイホーム購入であることは
誰しもが知っていることですよね。

マイホームを購入するために必要なお金には
物件価格の一部を支払う頭金と税金や手数料の諸費用があります。
諸費用については今までの貯蓄から現金で支払うことになります。

住宅ローンは出来るだけ頭金を入れ、借入額を下げるのがベストではありますが
頭金が貯まるまで何年もかかってしまい、その間に物件の価格や
ローンの金利が上がってしまって毎月の返済額が大きくなり負担が増えて損をするとも限りません。

また頭金を貯蓄している間も家賃を払い、年を重ねていくので
住宅ローンを組む時に完済する年齢が遅くなってしまうのも不安でしょう。

しかし、人生において最大の買い物をするためには、
やはり頭金と努力は必要なのです。
頭金は物件家格の2割を払うことが理想とされています。
マイホーム購入に向けてがんばりましょう!

家づくりを成功させるためにはハウスメーカーの方が安心できるかな

いざ家を建てようという話になったときに、まず何をするかというと
とりあえず住宅展示場に行って見て回ったり、資料を取り寄せての検討ですよね。

次の段階として、ハウスメーカーに依頼するのか工務店に依頼するのか
どちらがいいと思いますか?

やはりハウスメーカーで家を建てたいと思われる方の理由として
・大手なので安心できそう
・コマーシャルをやっているから
・住宅展示場に見に行って気に入ったから

など、納得できる理由ではないかと思います。

やはり、分かりやすく入りやすいモデルハウスがあり
知名度が高く大手ということで安心を求めてハウスメーカーと家づくりを始められます。

ところが、、、
その安心を求めて始めた家づくり。
商談を進めていく途中で何か物足りなさを感じてしまったり
大量仕入れや効率化という言葉に対してそれらが還元されておらず提示される価格も安く感じないし、
そもそも間取りのプランで満足いっていなかったり、
未確定な部分が多いのにも関わらず契約を迫ってくる
営業マンの都合で急かされるのでギャップを感じ、高額で買い直しが効かない状態で
納得できないまま家づくりを進められている建て主にとっては
その結果、安心が大きな不安に変わっていくという話をよく聞きます。

私は創建で家を建てたのですが、上に記載したような状況でした。
しかし、私を担当してくれていた営業の方は丁寧に私が納得できるまで
何度でも時間をかけて説明してくれました。

ハウスメーカーと建てる家づくりのポイントは
工法や会社名も重要ですが、営業担当者との相性が最大のポイントになりそうです。
逆を言えばどれだけ気に入った工法や会社でも、営業担当者との相性が悪ければ
良い家づくりは実現しない可能性が高くなるということです。

http://www.k-skn.com/

住みやすい家を建てるための大事なポイントをご紹介!

皆さんは住みやすい家ってどんな家だと思いますか?

住みやすさを左右するポイントとして挙げられるのが家の性能です。
耐久性や耐震性はもちろんですが断熱や気密性もとても大事です。
水準を満たしているかどうかをチェックした方がいいでしょう。

通風と採光は大事
次に周辺の環境や通風・採光です。
周辺の環境については自分の力ではどうすることも出来ないということは
お分かりになるかと思います。

それに加えて、通風や採光についても
窓を増やしたり、位置を変更したりすることは難しく
後から改善するのはとても大変です。

周辺に建物が無い場合でも、地域によっては中層や高層のマンションなどが
建ったり、数年経った後に周囲の環境が大幅に変わってしまう可能性もあります。

将来の変化に対応できること
3つ目は間取りの変化です。
長く暮らしていくうちに、生活スタイルや家族の構成に変化が出てくるのは当然の事です。
その時になるべく簡単な方法で対応するためには
構造と当初のプランが重要になってきます。

構造がちゃんとなっていれば、リフォームもしやすいでしょうし
耐震性を確保している柱や壁が少なくて済む構造をしている家であれば
リビングに廊下や階段を取り込んで空間を大きく見せたり
実際の面積以上の開放感を演出できるでしょう。

子供部屋も小さな個室を複数作るのではなく
大きな部屋を収納や簡易的な壁で仕切ることで
大きな工事をする事なく、その後の変化に対応できます。

いままでにあげた条件をどの程度備えているか
自分が優先したい事を重視しながら暮らしやすい家を選んでください。

創建の一戸建て | 創建の物件情報が満載なら希望通りの家が見つかるのではないでしょうか。