アーカイブ : 2014年 2月 17日

住宅ローンを組むけど新築一戸建て購入に向けて貯蓄はやっぱり必要

一戸建てを購入することになったらほとんどの人が住宅ローンを組むことになると思います。
一括で購入できる人は買うときに悩んだりしないと思いますから…笑

住宅ローンを組む際に注意しなければいけないのが
審査に通るか否かですよね。

せっかく家を購入することを決め、見積もりを取り、着々と目的に向かって進めていく中で
ローンの審査に落ちてしまっては元も子もありません。
仮に審査に通ったとしても完済できるか不安になってしまう方も多いと思います。
しかしそういった点も創建の一戸建てなら全てフォローしてくれるので安心して任せる事が出来ます。

長い人生において最大の買い物がマイホーム購入であることは
誰しもが知っていることですよね。

マイホームを購入するために必要なお金には
物件価格の一部を支払う頭金と税金や手数料の諸費用があります。
諸費用については今までの貯蓄から現金で支払うことになります。

住宅ローンは出来るだけ頭金を入れ、借入額を下げるのがベストではありますが
頭金が貯まるまで何年もかかってしまい、その間に物件の価格や
ローンの金利が上がってしまって毎月の返済額が大きくなり負担が増えて損をするとも限りません。

また頭金を貯蓄している間も家賃を払い、年を重ねていくので
住宅ローンを組む時に完済する年齢が遅くなってしまうのも不安でしょう。

しかし、人生において最大の買い物をするためには、
やはり頭金と努力は必要なのです。
頭金は物件家格の2割を払うことが理想とされています。
マイホーム購入に向けてがんばりましょう!

家づくりを成功させるためにはハウスメーカーの方が安心できるかな

いざ家を建てようという話になったときに、まず何をするかというと
とりあえず住宅展示場に行って見て回ったり、資料を取り寄せての検討ですよね。

次の段階として、ハウスメーカーに依頼するのか工務店に依頼するのか
どちらがいいと思いますか?

やはりハウスメーカーで家を建てたいと思われる方の理由として
・大手なので安心できそう
・コマーシャルをやっているから
・住宅展示場に見に行って気に入ったから

など、納得できる理由ではないかと思います。

やはり、分かりやすく入りやすいモデルハウスがあり
知名度が高く大手ということで安心を求めてハウスメーカーと家づくりを始められます。

ところが、、、
その安心を求めて始めた家づくり。
商談を進めていく途中で何か物足りなさを感じてしまったり
大量仕入れや効率化という言葉に対してそれらが還元されておらず提示される価格も安く感じないし、
そもそも間取りのプランで満足いっていなかったり、
未確定な部分が多いのにも関わらず契約を迫ってくる
営業マンの都合で急かされるのでギャップを感じ、高額で買い直しが効かない状態で
納得できないまま家づくりを進められている建て主にとっては
その結果、安心が大きな不安に変わっていくという話をよく聞きます。

私は創建で家を建てたのですが、上に記載したような状況でした。
しかし、私を担当してくれていた営業の方は丁寧に私が納得できるまで
何度でも時間をかけて説明してくれました。

ハウスメーカーと建てる家づくりのポイントは
工法や会社名も重要ですが、営業担当者との相性が最大のポイントになりそうです。
逆を言えばどれだけ気に入った工法や会社でも、営業担当者との相性が悪ければ
良い家づくりは実現しない可能性が高くなるということです。

http://www.k-skn.com/